*** 25年度の活動 ***
1.協議会活動の企画立案と方針決定
(ア)幹事会
        ○ 開催日:平成25年5月9日(木)
        ○ 場 所:ひょうご女性交流館
        ○ 内 容:役員の選出
                   平成24年度事業報告及び収支決算
                   平成25年度事業計画及び収支予算
(イ)総会
        ○ 開催日:平成26年6月10日(月)
        ○ 場 所:兵庫県公館大会議室
        ○ 内 容:役員の選出
                   平成24年度事業報告及び収支決算
                   平成25年度事業計画及び収支予算
                   兵庫県サイバー犯罪防犯センター
                   演題:「地域力が防ぐ!"身近な犯罪"~サイバー犯罪から見えるもの~」

2.情報の共有と連携の促進
(1)防犯活動事例集「マモリンレポート」の発行
兵庫県遊技業協同組合からの寄附金を活用して、地域の防犯グループ、事業所の事例を取材し、活動内容をレポート形式にまとめるほか、 昨年新設した一口防犯メモのコーナーの内容を拡充し、配布促進を図った。
発行月 内 容
13号 平成25年7月
・加茂地区防犯グループ協議会(洲本市)
・宝南自治会防犯パトロール隊(宝塚市)
・まちづくり防犯グループ連携交流会(西播磨地区)
14号 平成25年12月
・灘防犯協会鶴甲支部(神戸市灘区)
・鳴尾西校区10町会防犯パトロール会(西宮市)
・交番花くらぶ(加古川市)
15号 平成26年3月
・小野東小学校区子ども見守り隊(小野市)
・星和台連合自治会(神戸市北区)
・福崎町商工会(兵庫県商工会連合会傘下団体)

(2)ホームページの運営等
シンボルキャラクター「マモリン」を活用した親しみ易いページを登録し、協議会の活動内容等を広く紹介した。

(3)協議会啓発チラシの作成
協議会の概要や取組内容の紹介、被害に遭わないためのポイント等を掲載した協議会啓発チラシを作成し、各種イベントでの配布や、 まちづくり防犯グループへの送付等を通じて、県民への意識啓発に努めた。

【研修会の概要】
   ○	開催日:平成26年2月6日(木)午後2時00分~午後4時00分
   ○	場 所:兵庫県公館大会議室
   ○	参加者:	430名(協議会会員、防犯グループ関係者及び一般県民)
   ○	内 容:研修会「防犯さわやかステージ」
               ・防犯寸劇「防犯戦隊マモルンジャー」赤穂市立有年中学校
               ・少年の主張~15歳の決意~ 赤穂市立有年中学校3年松本 優香さん
               防犯講話「防犯は笑いから」関西国際大学 西岡 敏成氏
   ※研修会に先立ち、防犯ポスターコンクール表彰式を開催し、入賞者に対し、賞状及び副賞を授与した。


3.地域安全まちづくり活動の促進
(1)第6回「犯罪から自分を守ろう」ポスターコンクールの開催及び協議会ポスター・カレンダーの作成
兵庫県遊技業協同組合からの寄付金を活用し、県内の小学生を対象に「犯罪から自分を守ろう」をテーマに原画募集を行い、 最優秀賞1点を用いてポスターを、入賞12作品を用いてカレンダーを作成配布し、県民の防犯意識の醸成を図った。
応募作品数 747点(98校)
ポスター・カレンダー作成部数 各2000部
配布先数
協議会会員、各小学校、各児童館、鉄道会社、病院、市町、県民局、警察署、防犯協会等

(2)啓発キャンペーンの実施(シンボルキャラクターによる啓発活動)
協議会会員が主催するイベントに参加し、県民の防犯意識の啓発に努めた。

(3)「ひょうご地域安全SOSキャッチ事業」の啓発活動