*** 22年度の活動 ***
1.会議の開催
(ア)幹事会
        ○ 開催日:平成22年5月13日(木)
        ○ 場 所:ひょうご女性交流館
        ○ 内 容:役員の選任、会則の改定
                   平成21年度事業報告及び収支決算
                   平成22年度事業計画及び収支予算
(イ)総会
        ○ 開催日:平成22年6月7日(月)
        ○ 場 所:兵庫県公館
        ○ 内 容:役員の選任、会則の改定
                   平成21年度事業報告及び収支決算
                   平成22年度事業計画及び収支予算
                   NPO法人ひょうご被害者支援センター チームSIEN結(YOU)による講演
                   演題:「『犯罪被害者の想い』~知って~ほしい 言えない気持ち あなたにも~」

2.研修会(地域安全まちづくりセミナー)の開催
「防犯環境の整備について」と題して県警察本部生活安全企画課課長補佐による講話、 小学校授業時間帯における防犯活動団体による不審者侵入防止のための受付活動の紹介に 続いて、関西国際大学古河教授による防犯講演を行った。
【研修会の概要】
   ○	開催日:平成23年2月10日(木)	
   ○	場 所:兵庫県公館
   ○	参加者:約350名(協議会会員、防犯グループ関係者及び一般県民)
   ○	内 容
	① 	防犯環境の整備について
               講 師  :兵庫県警察本部生活安全企画課	中村孝信氏
	② 	事例報告「ひよどり台小学校の子どもたちの安全安心を見守る活動」
               報告者	:ひよどり台小学校こどもたちを見守る会	代表  中尾 冨道氏
	③ 	防犯講演「治安の実態と防犯活動について」
                講 師	:関西国際大学人間科学部 教授  古河 逞箭氏
   ※研修会に先立ち、防犯ポスターコンクール表彰式を開催し、入賞者に対し、賞状及び副賞を授与した。


3.会員向け防犯情報等の提供
(ア)会報の発行
  発行日 場 所
第13号 8月4日
○地域安全まちづくり推進計画第2期
○平成22年度総会の開催
○防犯ポスターコンクール作品募集
第14号 12月16日
○ふれあいの祭典に出展
○22年地域安全兵庫県民大会の開催
○協議会ポスター、カレンダーの作成
第15号 2月24日
○地域安全まちづくりセミナーの開催
○刑法犯認知件数8年連続減少
○県警情報の有効活用術
(イ)防犯活動事例集「マモリンレポート」の発行
兵庫県遊技業協同組合からの寄附金を活用して、地域の防犯グループ、事業所の事例を取材し、活動内容をレポート形式にまとめ、協議会会員をはじめ地域団体等へ配布した。
発行月 内 容
4号 平成22年8月
・清和台自治会(川西市)
・北須磨団地自治会(須磨区)
・日本ロックセキュリティ協同組合兵庫支部(東灘区)
5号 平成22年12月
・清瀬台自治会(西宮市)
・ながいけ防犯会(相生市)
・社団法人兵庫県造園建設業協会(兵庫区)
6号 平成23年3月
・口吉川町生活安全活動推進協議会(三木市)
・姫路防犯協会城南支部(姫路市)
・社団法人兵庫県タクシー協会淡路部会(南あわじ市)
(ウ)ホームページの運営等
シンボルキャラクター「マモリン」を活用した親しみ易いページを登録し、協議会の活動内容等の周知を図った。

4.地域安全まちづくり活動の促進
(ア) 防犯ポスターコンクールの開催とポスター、カレンダーの作成
兵庫県遊技業協同組合からの寄附金を活用して、県内の小学生を対象として防犯ポスターコンクールを行い、最優秀作品を原画として協議会ポスター及びカレンダーを作成、配布し、県民の自主防犯意識の醸成を図った。
   ○テーマ:「犯罪から自分を守ろう」
   ○コンクール応募数:730点(平成21年度571点)
   ○ポスター・カレンダー作成部数:1,500部
   ○ポスター配布先:協議会会員、各小学校、各児童館、市町、県関係機関


(イ)シンボルキャラクターによる啓発活動の実施
協議会のシンボルキャラクター「マモリン」を活用したシャープペンシル等の啓発用品を配布し、県民の防犯意識の醸成を図った。

(ウ)啓発キャンペーンの実施
10月16日(土)、17日(日)兵庫県立有馬富士公園(三田市)で開催された「ふれあいの祭典『きらっと☆北摂フェスティバル』」において、特定非営利活動法人兵庫県防犯設備協会と共同出展し、 防犯設備の展示、カギの防犯診断等を行った。
そのほか、県内各地で開催されたひったくりや振り込め詐欺防止キャンペーン等のイベントに参画し、県民の防犯意識の啓発に努めた。

(エ)生活安全マップ作成マニュアルの発行
小学生と大人がいっしょになって、自分たちのまちの生活安全マップを作成することで、まちの現状を再認識し、 犯罪、交通事故、災害等から自分を守る意識をはぐくむことができるよう、 マップづくりのノウハウ、ポイントを記したマニュアルを発行配布した。